衛生的に長持ちさせるには?調理器具の手入れは除菌も大切

正しい手入れ方法で長持ちさせよう

事前に確認をするように

調理器具は手入れ方法を誤ってしまうと菌の繁殖につながってしまったり、長持ちをしなくなってしまったりします。

調理器具が人によって使用され始めたのは、旧石器時代と言われています。
当時、今のような便利グッズがあったわけではありませんが、旧石器時代の人たちは自分で獲った魚や肉を捌くために、石の破片を利用した記録が残されているのです。
石を包丁として利用した石包丁などが、遺跡として発見されています。
何かを食べるために、人は古くから調理器具を使用していました。

旧石器時代から縄文時代、弥生時代、奈良・平安時代と時代が進むにつれて人々の食生活は変わりました。
調理器具も変わり、食料を保管するための用具などもできはじめたのです。
そして現在のように、さまざまな最新器具が使われるようになりました。

現在の調理器具にはどのようなものがあるのでしょうか。
例えばフライパンは焼いたり炒めたりするための器具で、数えきれないほどの種類があります。
大きさや取手の長さ、形状などさまざまなタイプのものがあるのです。
また、鍋もフライパン同様にさまざまな種類があります。

同じ調理器具でも、大きさや形状などが異なるさまざまな種類の製品が世の中には存在します。
どの製品にも共通するのは、誤った手入れをしてしまうと長く使うことができず、衛生的にも良くないことです。
ここでは調理器具を長持ちさせ、衛生面でも安心して使い続けることのできるような手入れ方法をご紹介いたします。