正しい手入れ方法で長持ちさせよう

>

手入れ方法のコツを伝授

タイミングが重要

ここでは手入れが少し厄介な調理器具について、ご説明します。

ここでご紹介するのは鍋やフライパンです。
鍋やフライパンは、調理器具の中でも手入れが厄介と言えます。
フライパンや鍋は使用すると汚れがこびりついたり、焦げがついたりした経験はありませんか。
この汚れや焦げを取り除くタイミングが、少し厄介なのです。

料理をすると、調理後疲れて一息つきたくなることや、洗い物の量が多くて翌日以降に洗おうと感じてしまうことがありませんか。
フライパンや鍋の汚れは、放置すれば放置するほど落ちなくなってしまいます。

汚れが最も落ちるタイミングは使用したその日です。
手間かもしれませんが、使用した日に丁寧に洗っておくことをオススメします。

洗うアイテム

前述のように、フライパンや鍋のお手入れではタイミングが重要になることをお伝えしました。
フライパンや鍋の洗うタイミングはとても重要であり、タイミングによって汚れの落ち具合が変わるといっても過言ではありません。

一方でフライパンや鍋のお手入れで大事なのはタイミングだけではありません。
その他にもポイントが存在します。

フライパンや鍋を洗う際にはスポンジなどで汚れを落としますが、落ちないからといって諦めないようにしましょう。
スポンジで落ちない部分は、スチールたわしを使用して汚れを落としてみてください。
また、スポンジで落とすことのできないしつこい汚れには、重曹の使用をオススメします。
重曹の使用で多くの、汚れを落とすことができるでしょう。